1. PAGE BACK
  2. HOME
  3. 部門紹介
  4. 看護部

部門紹介:

看護部について

私たちは患者さん一人ひとりと向き合い、その人の生活の質の向上を目指した、最善の看護を実践します。

看護部長ご挨拶

五輪橋整形外科病院の看護部は、看護という専門性を発揮し、患者様・御家族様の心に響く看護の提供を目指しております。
今後ますます、医療ニーズが多様化してくる中で専門職としての高度な知識・技術だけではなく、しなやかな人間性と高い倫理観をもち、安全で質の高い看護実践ができる看護職の育成に努めております。
職員一同、地域の方々に「ここの病院に来てよかった」と思っていただけるよう、日々研鑽しております。
また、自分たちがいつも明るく笑顔で働き続けられる職場環境作りに取り組んでおります。

看護部理念

・人間性を尊重し、患者様・御家族の立場に立った、あたたかな看護を提供します。
・社会の要請に対応し、高度な知識・技術の向上に努め、質の高い看護を提供します。
・医療チームの一員として、安心・安全な看護を提供します。

教育理念

看護理念を基本に自立・自律した看護職員として、質が高く相手に寄り添った看護を提供できる看護職員を育成する。

求め育てる看護師像

温かで相手に寄り添った看護ができ、常に質の高い看護が提供できるよう互いに高め合うことができる看護師。

看護部フロアー紹介

<外来>

外来では、乳幼児から高齢者の方々が、外傷や変性疾患など様々な整形外科疾患で受診および通院リハビリを行っています。
肩や膝など専門分野から整形全般まで診察しています。
外来の短い時間の中でも安心・安全な看護を提供できるよう日々、努力と工夫を続けています。
また、令和3年3月より変形性膝関節症における再生医療を行っております。
膝に痛みのある方は、まず一度ご相談ください。

<急性期一般病棟>

外傷の患者様や社会復帰を目的とした肩や膝などの変性疾患の患者様が主に入院されております。
手術やリハビリを経て、回復期病棟と連携をとりながら、在宅復帰ができるようチーム一丸となり、温かな看護が提供できるよう日々努めております。
現在はコロナ禍であり、患者様との面会が制限され、患者様やそのご家族様方には、ご不便ご迷惑をおかけしておりますが、当院では感染対策を徹底し、入院患者様の安全を第一に取り組んでおります。

<回復期リハビリテーション病棟>

回復期リハビリ病棟は骨折の手術後や腰椎圧迫骨折などの患者様が社会復帰、在宅復帰を目標として集中的にリハビリが行える病棟です。
早期に退院ができるように、病棟生活自体もリハビリとなります。
看護師は常に退院先を見据えたケアを行い、トイレでの排泄や入浴・更衣など活動量を増やし患者様自身で出来ることはやってもらい、できることを増やすために環境整備をおこなっております。
患者様の回復に合わせてリハビリを行い、医師・理学療法士・作業療法士など多職種と連携をとりながら、患者様が安心して退院できるように支援いたします。

<手術・中央材料室>

手術室は2部屋を稼働させており、骨折に対する骨接合術、人工関節置換術、脊椎手術等の手術を行っております。
また中央材料室では機器の洗浄・滅菌を行い、安全性の高い機器を提供しております。
手術を受けることは、ほとんどの患者様にとって未知で不安なものです。
患者様が安心して手術が受けられるように手術室スタッフが術前・術後の訪問を実施し、手術の流れの説明や疑問にお答えいたします。
スタッフ一同、地域の皆様に選ばれる手術室を目指すとともに、皆様の立場に立った思いやりのある看護の提供ができるよう、日々研鑽しております。
手術室に関して聞きたいことやご希望、ご不明な点等、何かありましたら術前訪問の際にお気軽にお声掛けください。

新人ナースの声~入職2年目~

当院に就職し、良かったことや、やりがいを感じることはどんな時か?

プリセプター制度があり、新人の方にも1から指導してくれることです。
私はまだ新人でプリセプターがついています。朝に行動計画を確認してもらい、それから一緒に業務に廻っていきます。
1つ1つ丁寧に指導してもらえるので安心です。
業務終了時にはプリセプターと1日の振り返りをします。
プリセプターがいない日は他の看護師が指導者になったり、周りの看護師も支えてくれます。
新人の方が学びやすい環境なのですごく良かったと思います。
時間と業務に追われがちですが、やっぱり患者さんからの「ありがとう」にやりがいを感じます。
どんなに忙しくても笑顔を絶やさないことを心がけたいと思います。
それと同時に知識と技術を兼ね揃えた看護師に成長できるよう頑張っていきたいと思います。

先輩ナースの声~入職4年目~

プリセプターとして大切にしていること

自分が新人の頃は、慣れない環境の中、日々の業務を覚えるのに必死で緊張や不安がありました。
また、最初は何が分からないのかすら分からなく、戸惑いの日々でした。
その頃を思い出しながら、質問・相談、話しかけやすい雰囲気づくりと、新人看護師の疑問を一緒に1つ1つ解決し、学びに繋がるような関わりを意識しています。
初めてのプリセプターで不安はありますが、他の教育委員会含め、周りのスタッフの優しさに助けられており、自分自身の知識・技術の向上に繋がる良い成長の機会だと思っています。

採用情報

Recruit

真の医療の実現に意欲を持つスタッフを募集しています。
患者様の目線に立った、質の高い医療、患者様の安心できる医療の提供を目指しています。
詳しくはこちら

個人情報保護について
© 2021 Gorinbashi Orthhopedic hospital.