1. PAGE BACK
  2. HOME
  3. 手術について

手術室の紹介

当手術室は整形外科分野の入院・外来を含めた全身麻酔・腰椎麻酔・局所麻酔の手術を行っております。
年間手術件数は400件~500件となっており、骨折に対する骨接合術、人工関節置換術、脊椎手術、また陥入爪(巻き爪)や腱鞘炎等の局所麻酔での手術も積極的に行っております。
手術室は、4Fフロアに位置され、2部屋の手術室を稼働させております。
整形外科領域のため、HEPAフィルターを介したクリーンルーム(空気清浄度クラス10,000(ISO国際規格))での手術に加え、当院では、医療用空気浄化システムを使用するなど、より清潔な環境下での手術を行っております。

手術を受けることは、ほとんどの患者様にとって未知で不安なものです。
当院では、患者様が安心して手術が受けられるように手術室スタッフが術前・術後の訪問を実施し、手術の流れの説明や疑問にお答え致します。
また執刀医・麻酔科医・手術室スタッフが連携を取り合い、安全で円滑な手術を行えるよう心がけております。



→ 手術・麻酔の流れについて

当院の特徴

人工関節センターとして、低侵襲手術(MIS)による人工膝関節置換術、UKA(部分置換型人工膝関節)の他、股関節、肩関節と多岐にわたる人工関節手術の実績があります。
2020年7月より、人工膝関節置換術ナビゲーションシステムを導入し、より一層安全で質の高い最先端の医療を提供し、患者様のさらなる健康増進を目指しております。



→ 人工関節センター紹介

また関節鏡下での手術や、脊椎手術など、多岐の分野に及んで専門医が高い医療水準の手術を行っております。
骨折等の外傷に対する手術にも力を入れており、各患者様に合わせた個別性の高い手術を提供しております。

  • 【肩腱板断裂に対する関節鏡下腱板縫合術】

  • 【膝半月板損傷に対する関節鏡下手術】

  • 【腰部脊柱管狭窄症に対する椎弓形成術】

中央材料室について

4Fには手術室と併設して、中央材料室が配置されております。
中央材料室では、院内の衛生材料を管理する他、手術機器・材料の確実な洗浄・滅菌を実施しております。
最新の洗浄・滅菌機器を導入し、より安全性の高い手術用医療機器を提供しております。

手術・中央材料室での取り組み

手術医療の進歩により、高度な手術が増加し、麻酔・手術に使用する器械は複雑化しております。
安全で質の高い周術期医療を提供するため、私たち手術室スタッフは、専門に特化した知識や技術を提供できるよう、学会や院外研修の参加、また協力病院との情報交換等、日々自己研鑽をしています。
そして、患者様やその家族が、安心して満足のいく手術を受けられるように、個別性のある医療を提供するよう日々努力しております。

スタッフ一同、地域の皆様に選ばれる手術室を目指すと共に、皆様の立場に立った思いやりのある医療・看護の提供に向けて頑張っています。
BGMの希望、アレルギーの不安、身体の不安など、何かありましたら術前訪問の際にお気軽に声をおかけ下さい。

採用情報

Recruit

真の医療の実現に意欲を持つスタッフを募集しています。
患者様の目線に立った、質の高い医療、患者様の安心できる医療の提供を目指しています。
詳しくはこちら

個人情報保護について
© 2021 Gorinbashi Orthhopedic hospital.