病院理念と基本方針病院理念と基本方針

 五輪橋整形外科病院は、地下鉄南北線「真駒内駅」から車で5分、真駒内公園・アイスアリーナ・サケ科学館などに隣接する恵まれた自然環境の中で、命の尊さを見つめつつ患者様に親しまれ信頼される病院を目指しております。

病院理念と基本方針

具体的には
①患者様の立場に立っての医療を行う
②医学の進歩に合わせた高度な医療技術を行う
③職員間の和を大切にする
を三本柱に、スタッフ一同が一丸となって研鑽を積んでおります。

理事長挨拶

理事長挨拶

 当院は昭和55年12月1日に札幌の南に設立した、一般病棟55床、回復期リハビリテーション病棟40床、合計95床の整形外科病院です。
 診療科としては整形外科の他、リウマチをより専門的に扱うリウマチ科、回復期の患者様の早期社会復帰を手助けするリハビリテーション科、手術において他と連携し確実でリスクの少ない麻酔を提供する麻酔科を設置し、より高度な医療の提供を目指しています。
 また、平成25年度より人工関節治療において、低侵襲手術や部分置換型人工関節、術後早期リハビリの導入を進め、平成26年度には人工関節センターを設立に至りました。センターを中心に関連部署が連携し、患者様の更なる健康増進に貢献しています。
 今後も医療情勢の変化に合わせ高度医療技術の研鑽と、地域の皆様がこの恵まれた自然環境の中で安心して暮らしていくお手伝いができるよう、看護・介護の提供に努力してまいりたいと思います。

院長挨拶

理事長挨拶

 日本は現在超高齢化社会を迎え、3人に1人は65歳以上の高齢者です。ここ南区は札幌市内で最も高齢化率が高く、当院の外来・入院患者様もご高齢の方が大半を占めております。昨今、90歳以上の超高齢者の手術も珍しくはありません。ご高齢の方の術後は回復するまでに、どうしてもリハビリテーションに時間がかかってしまいます。その点、当院の3階病棟は回復期リハビリテーション病棟の認可を受けておりますので、疾患によっては最長3ヶ月間の入院リハビリテーションが可能なので安心して治療に専念できることが当院の特徴です。
 また、当院では月2回の市内救急当番の他、平日は午後6時まで、土曜日はお昼まで外来診察を行っていますので、急病の際や平日の通院が困難な方にも気軽にご利用いただけると思います。
 最後になりましたが、広く地域貢献のできる病院になれるよう職員一同取り組んでいきたいと思っております。

高度な医療技術と幅広い診療

近年多発する交通事故、スポーツ、労働災害による外傷骨折、年々増加する高齢者の外傷疾患、多くの人に見られる腰痛症、慢性関節リウマチ、その他先天性奇形など整形外科で取り扱う病気は数多くあります。
これらの病気の治療のため充分な設備をととのえ、高度な技術で早期発見とともに早期治療を目指して、日々努力いたしております。

症状に応じた治療とリハビリ、そしてあたたかな看護

外科的な治療法だけでなく、理学療法士、作業療法士などの充実したスタッフが、運動療法、日常生活動作訓練、各種物理療法、装具や自助具などを用いて患者様一人ひとりの症状に応じた治療を行います。
患者様の一日も早い社会復帰を願い、充実したリハビリテーション設備の完備、そして専門的なスタッフが機能回復訓練に当たっています。

患者様の権利

1.患者様の人権を尊重した平等で適切な看護・医療を受けることができます。
2.看護・医療の方針について必要な情報を得て、自ら看護・医療の方針を選択することがきます。
  また、他の医療機関の医師に相談することができます。
3.個人情報とプライバシーを保護される権利があります。
4.提供される看護・医療について、情報の開示を求めることができます。
5.安心して入院生活を送る権利があります。他の患者様も同様の権利があり、平等に尊重されます。

上に戻る
地域医療相談室